一人で働きたい看護師に向いているもの

看護師が働く典型的な医療や介護の職場では一人で働くということはあまりありません。
上司がいて仕事を教わりながら複数のスタッフで全体として仕事を円滑に進めていくというスタイルを取っているのが通常です。
病院のように大勢のスタッフがいる現場もあれば、小さなクリニックや老人ホームなどのようにわずかな人数しかスタッフがいない現場もありますが、基本的には一人の判断で仕事をすることは稀でしょう。
しかし、看護師として長く働いていると判断力もついて能力も高くなり、一人でも一通りの仕事を担えるようになります。
むしろスタッフ間の人間関係を考えながら働かなければならない状況よりも、一人で働く方が良いと考える人もいるでしょう。
そのような人にとって適性がある仕事として訪問看護があります。
訪問看護では現場に行くのが一人だけということも稀ではなく、医療に関わる仕事が必要なときには看護師だけが訪問することがよくあるのです。
医師がいない状況で医療に関する判断をしなければならない場合もあります。
また、介護系のスタッフがいないときには介護の仕事も担わなければなりません。
健康で体力があるうえ、知識も技術も幅広く身につけていなければ担えないのが訪問看護と言えるでしょう。
しかし、一人で働くことに適性がある人の場合には魅力が大きく、転職して訪問看護を担うようになって自分に合った仕事ができるようになり、充実した仕事ができる日々を過ごしている人も増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website