看護師に向いている適性とは?

看護師に必要な適性は、まず心身ともに健康であることが何よりも大切です。
残業や夜勤のあるハードな勤務で、人の命に関わる仕事のため、精神的負担もとても大きくなります。
近年は看護師不足でもあるので、風邪をひいて欠勤することは現場にも支障が出る可能性もあります。
また、患者さんに寄り添い共感する気持ちは大切です。
患者さんが感じる痛みや不安を感じ取って、小まめに声掛けをすることで患者さんの精神的負担を和らげることが出来ます。
そうした患者さんの小さな変化も見逃さないために、様々な医療スタッフと積極的に連携を取ることが出来る、コミュニケーション能力も必須と言えます。
患者さんの中にはトラブルメーカーがいたり、病院の中は閉鎖的な環境なので、人間関係にストレスを抱える人も少なくありません。
そうした人間関係に忍耐力を持って、ストレスを溜め込まない適性も必要です。
また、看護の仕事は自ら記録し、申し送りすることで引き継ぎされていきます。
処置などは、一人でこなしていく事がほとんどです。
命に関わる仕事なので、どんな些細なミスも正直にチームへ報告する正直さが大切です。
サイン一つ忘れることも出来ません。あるいは先輩や同僚のミスに気付いた時にすぐに報告することが出来る勇気も必要であると言えます。
そういったさまざまな適性も必要な事だと言えますが、何よりも大切なのは仕事を続けていく忍耐力です。
どんな精神的負担を強いられても、ミスをしてしまい厳しい注意を受けた時にも、辞めてしまわずに仕事を続ける事は1番大切なことかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website