健康と体力が基本の職業です

看護師という職業は女性が憧れる職の一つですが、ドラマや小説といったサブカルチャーからイメージされる職務内容もハードなもので、自分には無理だと諦めてしまう場合が多いでしょう。
特に適性を考えてみると、気持ち的には優しさや思いやり、看護技術のスキルや知識なども必要で、かなり大変だと思って二の足を踏んでしまう傾向が見られます。
こういった認識は間違ってはいませんが、実際のところ看護師の職で必要になるのは、技術面よりも健康体で体力があるということです。
怪我人や病人をはじめ、お年寄りなどを対応するのですから健康でなければ二次感染を起こてしまいます。
また、かなりハードな職務ですから体力や筋力も重要な要素になります。
これらに関しては努力して鍛えられないわけではありませんが、やはり難しく、素質が必要となるでしょう。
また、素質といえば、患者さんと向き合う仕事なので、コミュニケーション能力も必要な要素です。
次に大切なのが努力や忍耐といったもので、スキル面に関しては看護学校や研修で学び身に付いていき、さらに働き始めれば現場の中で嫌でもスキルアップしていきます。
素質や適性に関してはほぼ誰でも持ち合わせていて、重要なのはやる気やチャレンジする気持ちになり、そこを突破すれば看護の仕事は難しくはありません。
患者さんに対して的確な対応さえできれば看護師として十分にやっていけるのです。
看護師の適性とは何だろう?と考える人は多いかも知れませんが、健康で体力がありコミュニケーション能力があれば十分に適性はあるという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website