基本の適性は誰にでもあります

看護師の仕事はやりがいのあるもので憧れを持っている人も多いですが、技術面や知識、さらに優しさや思いやりといった気持ちも重要だと考えて、自分には無理だと感じてしまう場合があります。
しかし実際のところ看護師の適性として最も必要なのは健康と体力、さらには諦めない忍耐力などです。
技術面や知識に関しては、看護学校に入学して勉強し、資格を取得し、働き始めれば誰でも身に付きます。
気持ちに関しても、現場で働ければ感情面は時に厄介なものとなり、必要最低限の気遣いの心があれば問題はありません。
むしろ繊細過ぎると患者の一人一人に感情移入をし過ぎて仕事にならないといった困ったケースも出てきます。
また、その職場ごとに必要な適性というものがあり、大変なのは急性期病院に配属された場合です。
急病人や怪我人が運ばれてきますから、残業は当たり前でバタバタと忙しいので、ハードワークにも耐えられる体力がある人が向いていると言えるでしょう。
急性期病院は給料が高いですが、その分定期的に夜勤もしなければいけないので、ライフスタイルを確定させるのが難しいです。
だからこそ健康と体力は何よりも大切な適性であり、過酷な環境でも諦めず続けられる忍耐力が大切になってきます。
また、患者の一人一人に寄り添った看護をしたいという人や、コミュニケーション能力がある人は、慢性期病院を希望すると良いでしょう。
慢性期病院は安定した入院患者が多くなるのでスケジュール通りに働くことができるのです。
このように、自分がどのように働きたいのかを考えてからそれに合った職場を選べば仕事を長く続けやすいでしょう。
しかし、自分に合った病院を選んだとしても、配属先ごとに看護師に求められる適性が違うので、その辺は十分にチェックしておきましょう。